· 

障害者トライアル雇用について

障害のある方を事業主が雇用する時(障害のある方が企業等に就職する時)、『障害者トライアル雇用』を利用することできるのはご存知かと思います。しかしながら事業主によっては、手続きが面倒で活用しなかったり、そもそも制度を知らなかったりして、この制度を活用しない所も多く存在するようです。

 

では『障害者トライアル雇用』とは、どんな目的で作られた制度でしょうか。

厚生労働省・都道府県労働局・ハローワークから、事業主の方や障害のある求職者の方へ向けた案内がありますので、一文を紹介します。

 

--------------------

障害者の雇用を希望する事業主の皆さまへ:

『障害者トライアル雇用』は、障害者を原則3か月間試行雇用することで、適性や能力を見極め、継続雇用のきっかけとしていただくことを目的とした制度です。労働者の適性を確認した上で継続雇用へ移行することができ、障害者雇用への不安を解消することができます。また、この制度の利用に当たっては助成金を受けることができます。

 

継続して働くことを希望する、障害のある方へ:

『障害者トライアル雇用』とは、約3~6か月間の試行雇用を通じて、企業との間で相互理解を深め、お互いの不安を解消することで、障害のある方の継続雇用をめざす制度です。自分に合った仕事内容か、働き続けやすい職場か、などを見極めてから就職できるため、安定して、長く働き続けられる傾向があります!就職前に、企業との間でお互いの理解を深めることができるため、仕事に就くに当たっての不安を解消することができます!

--------------------

この制度を利用することにより、事業主にとっても、障害のある求職者にとっても、双方の理解を深め、不安を解消することができますので、特別な理由がない限り、ふらっぷは『障害者トライアル雇用』を推奨します。

 

 

利用するための条件など、詳しくはふらっぷまでお問い合わせください。

もしくは、こちらをご覧ください↓。

厚生労働省:障害者トライアルコース・障害者短時間トライアルコース