· 

「親なきあと」問題についての記事を紹介します

「働く広場」という独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構から発行されてる冊子に、「親なきあと」問題についての記事が載っていましたので、ご紹介します。
障害のある子を持つ親にとって「親なきあと」は、共通の課題です。そのために、お金を多く残すことが解決策ではなく、残したお金が本人の為に使われる仕組みを準備することが大切と、この筆者は伝えています。ふらっぷも強く共感しています。もしよろしければ、この記事をお読みください。https://www.jeed.or.jp/disability/data/works/book/hiroba_202007/html5.html#page=5


引用元:

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構

「働く広場」7月号(令和2年6月25日発行)通巻513号 (2~3ぺージ)

「親なきあと」問題とは~障害者が長く働くために~

「親なきあと」相談室主宰/行政書士・社会保険労務士 渡部 伸

冊子全体: https://www.jeed.or.jp/disability/data/works/202007.html