2019/08/08
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、ふらっぷではお盆休みにつきまして、下記のとおり休業日とさせていただきます。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。 記 お盆休み 2019年8月10日(土)~2019年8月15日(木) ※2019年8月16日(火)より、通常営業を開始いたします。...
プレスル-ム · 2019/07/23
2019年7月20日(土曜日)に、就労移行支援事業所ふらっぷと就労相談支援センター紙ひこうきの共催でバーベキューを実施しました。 ボランティアの皆さんや職員を含めて52名の方が参加しました。参加者は訓練生の方はもちろん、ふらっぷから就職した方やふらっぷ以外から就職した方もいらっしゃいました。
地域団体の紹介 · 2019/06/28
春日井市近隣の発達障害・知的障害のお子さんをお持ちのお母さん達の会をご紹介します。子育ての悩みなどが気軽に話せ、先輩ママ達の経験談も聞ける場です。また、支援やサービスの情報交換も行っています。
お役立ち情報 · 2019/06/20
全国の学校での平成27年度中の不登校児童生徒数は、小学校27,583人、中学校98,408人、高等学校49,563人の合計175,554人です。...
耳よりニュース · 2019/06/18
2019年6月8日の読売新聞で「「HP見るだけ」緊急雇用の障害者131人退職」というタイトルのニュースがありました。 昨年の秋以降に採用された障害者2518人のうち、約5%の131人がすでに退職したことも明らかになり、専門家は「障害者に定着してもらえる職場づくりが最重要だ」と話しているという内容です。...
プレスル-ム · 2019/06/04
5/24に開催された展示会「みんながはたらく福祉事業所展3~就労から生活介護まで~」に出展しました。 発達障害の方や精神障害、身体障害の方、ご家族・ご関係者の方など、様々な方々からお問い合わせをいただきました。 2019年4月からすでに12名の就職が決まりました。 企業からのお問い合わせも多くいただいております。ふらっぷでは企業と皆さんとのマッチングを行い、就職に結びついている利用者の方も多くいらっしゃいます。 どうぞ、お気軽にご相談ください。
耳よりニュース · 2019/05/10
愛知県内の障害者雇用数が前年と比べ36%も増加したそうです。しかしその要因は、今回から精神障害に限って短時間労働でも1人としてカウントした影響もあります。また、13年に4万5000人だった精神障害者保健福祉手帳の所持者は、今年4月には約7万人に増加していることも背景にあり、雇用されている人は、所持者の5・7%程度にとどまるのが現状だそうです。 よって、障害者雇用数が増えたという事実は、企業の精神障害者に対する理解が深まったことに違いはありませんが、決して手放しには喜べない状況ではあります。就労移行支援事業所ふらっぷは引き続き、精神障害を始めとして、高次脳機能障害、発達障害などを含めた様々な障害をお持ちの方と企業との橋渡しをして、少しでも障害者雇用に貢献していければと考えております。また、企業で戦力として活躍できる方を紹介し就職に結びつけるため、難病をお持ちの方や引きこもりの方など、障害者手帳を所持していない方もふらっぷをご利用いただいており、様々な企業に就職しています。
2019/04/23
ふらっぷではゴールデンウィークの休業日につきまして、下記のとおり休業日とさせていただきます。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。 ■ゴールデンウィーク休業日 2019年4月27日(土)~2019年5月6日(月) ※2019年5月7日(火)より、通常営業を開始いたします。 ※尚、メールやLINEは休業中も対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
お役立ち情報 · 2019/03/20
障害のある方を事業主が雇用する時(障害のある方が企業等に就職する時)、『障害者トライアル雇用』を利用することできるのはご存知かと思います。しかしながら事業主によっては、手続きが面倒で活用しなかったり、そもそも制度を知らなかったりして、この制度を活用しない所も多く存在するようです。 この制度を利用することにより、事業主にとっても、障害のある求職者にとっても、双方の理解を深め、不安を解消することができますので、特別な理由がない限り、ふらっぷは『障害者トライアル雇用』を推奨します。利用するための条件など、詳しくはふらっぷまでお問い合わせください。
お役立ち情報 · 2019/03/12
厚生労働省が精神障害者等の就労パスポートの作成を検討しています。就労パスポートとは、精神障害者の職場への定着を図るため、障害の特性などの情報を企業や支援関係者で共有するフォーマットのことです。 一定のフォーマットで指標を具体的に設定してあるため、一人の障害のある方を誰が見ても(できるだけ)同じ状態像をイメージできるようになるそうです。応募者側もご自身の障害への理解を深めることができたり、ご自身の職業上の特徴や配慮が必要なことをしっかりと伝えることができます。就労移行支援事業所ふらっぷの支援としては、企業と応募者の橋渡しをおこない、双方の『信頼と安心』を提供することだと考えております。そのためにも情報共有しやすくなったり、応募者の方の課題が具体化でき、支援のポイントが掴みやすくなる就労パスポートは大いに活用できるのではと考えています。

さらに表示する