ふらっぷの職場実習
ふらっぷの職場実習

ふらっぷの職場実習とは

職場実習は、障害者の方が、短期間、実習生として企業様で『働くこと』を体験する制度です。

実習生は、職場実習をきっかけとして、就職に対する自信や意欲を深めることができ、就職に向けての一歩を踏み出すことができます。企業様にとっては、職場実習を受け入れるにあたり、障害者の方の特性や働く能力を知っていただく機会になります。また、実習中の給与や交通費は一切発生しません。企業様に負担等がかかりますが、実習は制度を活用することで月20,000円から80,000円程度の謝礼を企業様がもらえる場合があります。実習中の万一の事故に備え、実習生側で保険に加入ししますので、ご安心ください。

就労を目的とした実習の他、就労を目的としない実習も、ぜひ受け入れをお願いします。

職場実習の流れ

1. 実習受入の依頼・相談

ふらっぷの支援員が、事前にお電話や訪問等で企業様に実習受入の打診や相談をさせていただきます。

企業様からの実習受入のご希望やご相談等ございましたら、こちらのフォームよりご連絡いただけますでしょうか。

2. 職場見学

ふらっぷの支援員が、事前に職場見学をさせていただきます。その際に日常業務について企業様の担当の方などからお話を伺います。

  1. 一日の業務の流れ
  2. 実習プログラムに入れることができる業務内容と業務量
  3. 業務遂行上の注意点(安全対策など)

3. 実習受入のための準備

企業様のご都合と実習生の希望を加味し、実習期間を決めます(実習は一日から行うことができます)。企業様の日常業務を細分化して実習生が従事可能な「仕事」を明確にし、業務の切り出しをしていただきます。そして実習プログラムを作成していただきます。その際、ふらっぷの支援員にご相談ください。また、実習に関わる書面の取り交わしをすることをお勧めします。実習中の万一の事故に備え、実習生側で保険に加入ししますので、ご安心ください。実習前に、社内周知をしていただけますと幸いです。

 

業務の切り出し例:

  • 毎日、定期的に発生する仕事(郵便物の発送、仕分け、コピ-、清掃、お茶出し、デ-タ入力など)
  • 量が多い仕事(包装・袋詰め、検品、デ-タ入力など)
  • 内容・方法・場所が一定の仕事(洗濯・乾燥など)
  • 反復する仕事(折りたたみ、アイロンがけ、ライン上での選別)
  • 手間を省き、効率よくしたい仕事(書庫等の整理業務、ラベル貼り、シュレッダ-)

4. 職場実習の開始

あいさつや身だしなみといった基本マナ-について、ふらっぷにて訓練を受けていますが、実際の企業様で実施するのは初めてという実習生もいます。新入社員に対するのと同様の指導をお願いします。また、実習生の仕事の内容や反省を毎日記入する実習日誌を作成していただくと、企業様の担当者の方も実習生の状況をよく把握することができますし、コメントをいただけると実習生の励みにもなります。

5. フィードバック

実習終了後、今後実習生のどのような点を改善すべきかなど、実習生やふらっぷの支援員に対するアドバイスをお願いいたします。実習生の基本マナーは仕事に対する取り組み姿勢、その他気づいた点や改善すべき点があれば、お聞かせください。


よくあるご質問

Q どんな仕事(実習)をしてもらえばいいの?

A 障者ひとりひとりのできることや得意なこと、また受入先の企業様によっても仕事内容が違いますので、まず職場を見学させていただき、ふらっぷの支援員と一緒に検討させていただけるとスムーズです。

Q 実習中の事故などが心配です。

A 実習中の万一の事故(損害・障害)に備え、実習生側で保険会社と契約して保険に加入しますので、企業様は安心して受け入れていただけます。

Q 職場実習中は賃金を払うの?

A 職場実習は雇用ではありませんので、賃金や交通費の支払いは必要ありません。

Q 実習をしたら雇用しなければならないの?

A 本人やご家族の方が就職を期待する可能性はありますが、あくまでも実習ですので雇用義務はもちろんありません。しかしながら、実習生の能力を見極めていただき、雇用につながるケースが出てくれば大変うれしいです。

職場実習のご依頼、お待ちしております!!