ふらっぷの施設外就労
ふらっぷの施設外就労

ふらっぷの施設外就労とは

  1. 業務の一部をふらっぷなどの障害者施設に委託する形態のことで(労働基準法の業務請負にあたります)
  2. 障害者の方が、企業内で委託された業務に従事します(例:パソコン入力、検品、商品仕分け、袋詰め、箱組立て、清掃など)
  3. 障害者の方への指示や指導は、ふらっぷの職員がおこないます

就労パタ-ン

  1. 障がい者の方が企業の従業員の方と別のグル-プで作業するパタ-ン
  2. 障がい者の方が企業の従業員の方と同じ職場で業務を分担するパタ-ン(※障がい者の方それぞれの能力に応じた働き方)
  • ふらっぷ職員が企業の意向を受けて障がい者の方をサポ-トします。
  • それぞれの能力に応じて業務の組み合わせも可能です。
  • 障がい者は一人から配置が可能です。

施設外就労の目的


  1. 企業と訓練室の違いを知る。
  2. 企業現場を知ることでの就労意欲の向上。
  3. コミュニケーションの取り方と姿勢を学ぶ。
  4. 作業能力の確認(体力、集中力、巧緻性、積極性など)。
  5. 作業を通じて就労能力の向上(社会性、生産性、自発性など)。
  6. 一般就労へ効果があると認められるか。
  7. 工賃の向上(施設外就労における収入の確保)。
  8. 目標の設定と達成度の確認(月2回以上、事業所内で行う)。
  9. 当該利用者の訓練の場(適正、課題改善)の確保(~に適しているか)。
  10. 改善事項の確認(目的の達成するための課題/原因解消について「何を」「どのように」「変更の有無」)。

職員の姿勢

  1. 一、支援員として、一、上司として支援する。
  2. 企業の評価を踏まえた上で支援、検討する。
  3. 一度の課題で決めつけず、評価するために図る。課題の共通、改善の検討。
  4. 根拠のある助言と課題により支援する。
  5. 施設外就労の目的を常に意識する。
  6. イレギュラー等で対応できない際、その場を乗り切る事のみで考える。
    ※緊急時は即時の連絡をする。

よくあるご質問

Q 障害者の方を受け入れるには、障がいに関する専門知識が必要ですか?

A ふらっぷの職員が同行し、社員の方と障害者の方の橋渡し役になるため、障害に対する専門的な知識がなくても、円滑な関係づくりができます。

Q 障者の方がどのような業務ができるかわかりません。

A ふらっぷの職員と、業務内容や業務時間等について打ち合わせをおこない、お互いの疑問点などについて話し合うことができます。

Q 施設外就労をしていただいた障がい者の方を、将来的に直接雇用することは可能ですか?

A 可能です。ふらっぷは就労移行支援事業所も併設しており、障害者の方の一般就労を積極的に進めています。

Q 労務管理は必要ですか?

A ふらっぷとの業務委託契約になるため、個別の雇用契約等は不要です。

施設外就労のご依頼、お待ちしております!!