Case&Voice

608637.png

事例&皆さまの声

就職して、自分の力を発揮し活躍できるようにしたい

Mさん(男性・20代)

■業務内容

就活中(ふらっぷ利用中)

■障害名

精神障害

就職して、自分の力を発揮し活躍できるようにしたい

なぜ、ふらっぷを利用しようと思いましたか?

【理由】障害者になってしまい、独力では就職するのが難しいと判断したため。【経緯】ふらっぷに来る前は病院の作業療法のプログラムに参加していた。その時に、リタリコさんが病院に来て、就労移行支援事業所の存在を知った。家の近くで事業所があるか探していたところ、ふらっぷの存在を知った。なんとなく事業所の雰囲気がよかったため、ふらっぷを利用しようと思った。

ふらっぷで楽しかったことや、大変だったこと、改善したことなどは?

ポスター作成やHP作成は楽しかった。淡々と単調な作業をするよりかは、自分の頭で考え、クリエイティブな能力が発揮できる作業の方が楽しかった。大変だったことは、お客様と直接やりとりをする訓練をしたこと。特に名刺作成では、誤って修正前のデータを先方に送ってしまい、迷惑をかけてしまったことがあった。改善したことは、毎日事業所に来る生活リズムが整ったことである。前は体調に問題があり、毎日行くのもしんどかった。今はそのような状態から脱することができた。

あなたの目標は何ですか?

就職して、自分の力を発揮できる(活躍できる)ようにする事。そのために、本を読んだり、運動したりして自分の能力を高めている。

今後利用を考えている人への応援メッセージを!

自分はまだ就職していないし、就職したこともないけど、きっと自分に合った仕事は見つかると思っている。何より仕事が楽しいと思えることが一番だと思っているので、その仕事を見つけれるようにこれからも頑張っていきましょう。