Case&Voice

事例&皆さまの声

就職して、自分の力を発揮し活躍できるようにしたい

Mさん(男性・20代)

■業務内容

就活中(ふらっぷ利用中)

■障害名

精神障害

なぜ、ふらっぷを利用しようと思いましたか?

【理由】障害者になってしまい、独力では就職するのが難しいと判断したため。【経緯】ふらっぷに来る前は病院の作業療法のプログラムに参加していた。その時に、リタリコさんが病院に来て、就労移行支援事業所の存在を知った。家の近くで事業所があるか探していたところ、ふらっぷの存在を知った。なんとなく事業所の雰囲気がよかったため、ふらっぷを利用しようと思った。

ふらっぷで楽しかったことや、大変だったこと、改善したことなどは?

ポスター作成やHP作成は楽しかった。淡々と単調な作業をするよりかは、自分の頭で考え、クリエイティブな能力が発揮できる作業の方が楽しかった。大変だったことは、お客様と直接やりとりをする訓練をしたこと。特に名刺作成では、誤って修正前のデータを先方に送ってしまい、迷惑をかけてしまったことがあった。改善したことは、毎日事業所に来る生活リズムが整ったことである。前は体調に問題があり、毎日行くのもしんどかった。今はそのような状態から脱することができた。

あなたの目標は何ですか?

就職して、自分の力を発揮できる(活躍できる)ようにする事。そのために、本を読んだり、運動したりして自分の能力を高めている。

今後利用を考えている人への応援メッセージを!

自分はまだ就職していないし、就職したこともないけど、きっと自分に合った仕事は見つかると思っている。何より仕事が楽しいと思えることが一番だと思っているので、その仕事を見つけれるようにこれからも頑張っていきましょう。

お気軽にご相談ください

LINEで相談

​ふらっぷ公式LINEにお友だち登録して相談やお問い合わせをどうぞ!

​電話で相談

相談支援支援センターふらっぷ​は(052-799-6436)まで

メールで相談

フォームから相談

医療・福祉・企業の皆さまへ

私たちは、企業・医療・福祉・教育関連などの皆さまとの連携協力がとても重要と考えています。ご協力をお願いします。

障害者雇用を検討している企業の皆さまへ >

企業・医療・福祉・教育関係の方からのお問い合わせ窓口 >

資料請求する

無料でパンフレットをお送りします。

​相談の前に当事業所を知りたい方は資料請求をどうぞ。

ふらっぷは、精神障害(統合失調症、うつ病、双極性障害、高次脳機能障害など)や、発達障害(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群、ADHDなど)、身体障害、知的障害、難病の方を対象とした愛知県春日井市に所在する就労移行支援事業所です。安定して働くために、就労後の定着支援にも力を入れております。また、職員のボランティア活動による、ひきこもりや不登校の方の支援も行っています。障害者手帳を所持していない方も、ぜひご相談ください。

ふらっぷロゴ白.png
ふらっぷ訓練生の作品紹介

ふらっぷでは訓練生が訓練の一環として、当WEBサイトの更新や動画作成などをしています。

下記動画は、障害者ワークフェア2019年に出展した時に制作しました。

© REBO inc.