Case&Voice

608637.png

事例&皆さまの声

自分が持つ技術、能力を活かして社会に貢献したい。

Kさん(男性・20代)

■業務内容

公務員・事務職

■障害名

知的障害

自分が持つ技術、能力を活かして社会に貢献したい。

なぜ、ふらっぷを利用しようと思いましたか?

【理由 】
働きながら職探しをするもなかなか自分の働きたいと思う場所が見つからなかったため。
【経緯 】
就労継続支援事業所に通って働く体力をつけてから一般就労に復帰しようと思っていたが段々職探しする時間も気力もなくなってきてしまい、そんなある日相談支援員の人にふらっぷを紹介され、絶対にいい会社に就く覚悟をして利用することにした 。

ふらっぷを利用開始してから挑戦したこと。

1.
楽しかった作業はペーパークラフトで戦艦を作ったことでした。これは自分の特技も相まって時間こそかかりましたが難なく完成させることができました。
2.
自動車の運転免許を取得することができました。勉強は昔から苦手だったので学科試験は大変でした。運転は慎重になりすぎな部分こそありましたが楽しんで取り組むことができました。
3.
愛知県庁の公務員の職に就くことができました。採用選考が三次まであり、採用人数が一人だけだったのでなれるとは思ってなかったですし最初はあまり期待もしないようにしてました。しかし一次二次と採用選考はとんとん拍子で合格していきました。三次選考は一週間の現場実習で、仕事は自分の特技や今までの経験を活かせる場で、ご指導もいただきつつ働けて、初めて自分の意志でここで働きたいと思える環境でした。

あなたの目標は何ですか?

親の手を借りず、自分一人で生活できるように自立する。

今後利用を考えてる人、就活中の人へのメッセージ

自分にあった職場は諦めなければ必ず見つかります。ですがそのためにはやはり自分で考えて行動できる自立精神も必要になってくると思います。
目標を立てて、それを叶えるためにできる限りのことをしましょう。誰のためでもなく「自分自身」のために一歩踏み出してください。