Blog

608637.png

ふらっぷ通信

  • flapkunnrennsei

障害者手帳がカードやアプリに


一昨日(2019/12/4)の中日新聞で、障害者手帳が従来の紙製からカード型になるのが解禁されたという記事が掲載されていましたので、紹介します。2019/11/1時点でカード型の導入は山口県の療育手帳のみで、これから普及していくことになると思いますが、愛知県ではどのようになるのか情報が入りしだいお伝えしていきます。今回のカード化解禁やアプリの代替手段登場など、障害のある方のハード(物的)環境は整いつつありますが、人と人が相互に支えあうというソフト環境についても、もっと整っていくと良いですね。

中日新聞(2019/12/4)

https://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2019120402000003.html?ref=daily

最新記事

すべて表示

「親なきあと」問題についての記事を紹介します

「働く広場」という独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構から発行されてる冊子に、「親なきあと」問題についての記事が載っていましたので、ご紹介します。 障害のある子を持つ親にとって「親なきあと」は、共通の課題です。そのために、お金を多く残すことが解決策ではなく、残したお金が本人の為に使われる仕組みを準備することが大切と、この筆者は伝えています。ふらっぷも強く共感しています。もしよろしければ、この