​私らしい「働き方」

きっと見つかる。

イラスト.png

障害のある方の『働きたい』を応援します。

安定した生活のスタートラインのひとつに『就職』があると考え、親亡き後の『自立』を支援します。

​今に満足していますか?

親に言われたから…、嫌だけど我慢すれば…、今のままでも大丈夫だから…、など妥協しすぎていませんか?どうぞ、あなたの気持ちに意識を向けてみてください。そして、私たち「ふらっぷ」を知ってください。あなたが真に求めるものを"考える"機会となれば幸いです。

 

例えば、あなたは「働きたい」と考えます。
でも、働く理由は、経済的自立や社会参加、生きがいのためなど、人によって様々ですよね。
また,

働き方や現在の状況、どうありたいかなど希望や想いも様々です。働き方に「間違い」も「正解」もありません。年を重ねて変わることもあります。「今」と「これから」を考えることで、少しでも良いカタチを作る、作り続ける、を一緒にできればと思います。

 

私たちは、あなた方それぞれの想いに沿って考え、支援します。

私たちができること

サービスを選ぶ基準は事業形態ではなく、あなたの本当の希望や悩みに合わせて選ぶことが大切と考えます。 "これでいい"ではなく"これがいい"を探しましょう。私たちのできる支援をお伝えします。もし、あなたのご希望や悩みにマッチするサービスがあれば、幸いです。

​私たちの支援のカタチ

 “支援が必要でなくなるように支援する”というのが通常の支援のカタチですが、自立といっても社会支援を活用した自立がほとんどかと思います。そこで私たち『ふらっぷ』は希望があったらすぐに支援できるように”細く長く”お付き合いをしていきます。

「支援をしないで」という希望がない限り、継続していきます。

 “細く長く”のお付き合いは、地域活動支援として余暇活動を支援したり、当事業所の職員がボランティアで行っている団体『就労相談支援センター紙ひこうき』の相談支援やイベントを通じてだったり、LINEでのニュース配信やメッセージのやり取りだったり、様々なカタチで行います。

​新着情報

  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン